2020年02月23日

イフェオン エンリッチゲルがお買い得!!

日吉ダム-1.jpg
京都新聞に拠りますと、ダム湖に「陸封アユ」か 京都・日吉ダム、19年春に群れ発見との見出しで、京都府南丹市日吉町の日吉ダムのダム湖「天若湖」で昨春、遡上(そじょう)しようとするアユの群れが確認され、ダム湖が海の代わりを果たして成長する「陸封アユ」の可能性が高いと話題になっている。
ダム湖の上流にあたる京都市右京区の市民団体「上桂川を守る会」や上桂川漁業協同組合は29日に陸封アユの生態や活用を考えるセミナーを開き、関心を広げる。
アユは年魚で秋に川を下って産卵し、冬に海でプランクトンを食べて成長。
春になると、川に遡上してコケを食べるサイクルを繰り返す。
琵琶湖を代表例に、一定規模の湖で冬を過ごして海に下らずに再生産するアユを陸封アユと呼ぶ。
岐阜県恵那市の阿木川ダムでも確認されている。
日吉ダムは桂川水系最大で1998年に運用が開始された。
天若湖はすぐ上流にある関西電力の発電用の世木ダム(日吉町)まで広がっており、面積は274ヘクタールに及ぶ。
京都市京北農林業振興センター(右京区)所長の中筋祐司さん(50)が、世木ダム直下の天若湖で昨年5月末ごろに、10センチ程度の群れが世木ダムを遡上しようとする様子を撮影した。
同ダム上流の桂川では上桂川漁協が毎年5月から稚魚を放流しているが、春は遡上する傾向のため、放流とは考えにくいという。
さらに上流の桂川でアユの卵も確認した。
中筋さんは「陸封アユとみられる。世木ダム上流で産卵したアユが流れたり、ダム湖の小さな沢で産卵したりしている可能性がある」と指摘する。
ただ、世木ダムには魚道がないため、京都市右京区京北の桂川には遡上できない状況だ。
セミナーは午後1時から京都市右京区京北周山町の市京北合同庁舎で開催。
中筋さんが「陸封アユ」の現状について報告し、研究者が生態やアユのためにできることを語る。
上桂川を守る会の奥居正敏代表(63)は「天然アユは憧れの存在で川はつながってこそ、流域に恵みをもたらす。陸封アユの存在は流域住民の意識を高め、川をきれいに守ることにもつながる」と話す。
と、有りますが環境が変わっても適応して生き抜く自然の逞しさには感嘆するばかりです(*^▽^*)

今日のお勧め
イフェオン エンリッチゲル 30g
ef-ER-GEL-30.jpg
●「イフェオン エンリッチゲル 30g」は、お肌の負担となる 界面活性剤・アルコール・香料・着色料 などは一切使用しない天然志向の化粧品です。
●朝も夜も毎日のお手入れはエンリッチゲル1つですべて完了です。
●80%のお水と14種類の天然由来成分が皮膚呼吸を妨げずに潤いをキープします。
●お肌になじみの良いゲル状ですので素肌感覚のつけ心地です。
●低刺激なので お肌の弱い方・アトピー・アレルギー体質の方でも安心してお使い戴けます。


イフェオン エンリッチゲル 180g
ef-ER-GEL-180.jpg

イフェオン エンリッチゲル 700g
ef-ER-GEL-700T.jpg

その他のお勧め商品
posted by 黒揚羽 at 13:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする