2017年02月03日

ブライ ケラブローがお買い得。

トランプ-11.jpg
MSNニュースに拠りますと、トランプ米大統領、豪との「ばかげた」密航者移住合意を再検討へとの見出しで、トランプ米大統領は2日、ツイッターで、イラクやイランなどからオーストラリアに亡命を希望して密航した数百人を米国へ移住させるという米豪間の取り決めを「ばかげた合意」と評し、再検討する意向を示した。
米紙ワシントン・ポスト(WP)はこれより先、トランプ大統領が1月28日に行われたターンブル豪首相との電話会談で首相を激しく非難し、1時間の予定だった会談を25分で切り上げたと報じた。
ターンブル首相は会談について記者団に、率直かつ腹を割った話し合いだったと述べたが、「プライベート」な会話の詳細については明らかにしなかった。
WP紙は米国に最も近い同盟国の1つである豪の指導者との会談についてトランプ大統領が「これまでの中で最悪」と評したとも報じた。
密航者の米国への移住合意は、豪政府とオバマ前政権との間で昨年11月に結ばれた。
これに関しトランプ大統領はツイッターに「これが信じられるか。オバマ政権は豪から何千人もの不法移民を引き取ることに合意した。なぜか。このばかげた合意を調査する」と投稿した。
合意の一環として、米政府は豪政府がパプアニューギニア・マヌス島とナウルの施設に収容している最大1250人の密航者を米国に移住させ、引き換えにエルサルバドル、グァテマラ、ホンジュラスからの難民を豪に移住させることになっている。
豪が国外収容している密航者の多くは、アフガニスタンやイラク、イランから逃れてきた難民。
WP紙によると、トランプ大統領は豪首相に対し、米豪間の合意は「最悪の取引だ」とし、豪が米国に「次のボストン爆破犯」を輸出しようとしていると非難したという。
と、ありますが日本の諺に「郷に入れば郷に従え」と言うのが有りますが正に問題の核心はこれで、他国に自国の価値観を持ち込みながら社会保障だけを貪り食う、これでは排斥されるのが当たり前です
故にイギリスもEUを強行離脱を決断してでも移民流入阻止を決めたのでしょう

今日のお勧め
ブライ ケラブロー リフトアップローション 60ml
BRY-KB-LU-LT-60.jpg
●「ブライ ケラブロー リフトアップローション 60ml」は、液晶生ケラチンの多層プロテクト被膜により、髪にツヤと潤いのあるボリューム感を与えます。
●髪型保持剤でウェーブをキープするミルスタイル、ポリクオタニウム-72配合。
●毛髪保護剤でCMCを補修するリピジュア、ポリクオタニウム-65配合。
●毛髪保護剤でヘアカラーの褐色防止するヘマチン配合。
●ハッカ、ラベンダー、ローズマリー、オレンジの4種類アロマオイル配合。


ブライ ケラブロー リフトアップローション 254ml
BRY-KB-LU-LT-254.jpg

ブライ ケラブロー リフトアップローション 200ml
BRY-KB-LU-LT-200T.jpg

その他のブライ ケラブロー シリーズ
posted by 黒揚羽 at 11:08| Comment(0) | ブライ (B・R・Y) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。