2018年03月30日

シュワルツコフ 3D MEN スリーディーメンがお買い得!!

水原希子-1.jpg
日刊スポーツに拠りますと、水原希子、ファッション業界の差別「感じる」との見出しで、モデルで女優の水原希子(27)が、ファッション業界に存在する差別について「身をもって感じる」と明かした。
水原は30日、ツイッターを更新。
「ファッション業界って華やかな世界に見えて、実はとてもジャッジメンタルな世界でもある」と書き出し、「未だに強く蔓延(はびこ)る差別は存在してると身をもって感じる。特にハイファッション。こちらは何もしてなくても一方的にジャッジされる感じが辛い」との思いをつづった。
水原いわく、ファッション業界における差別は「昔よりは少し差別的な事は、ましにはなってるけど、まだ完全ではない」という。
「私はいわゆるファッション業界以外の場所にも、たくさんファッションは存在してる思うし、みんなが平等にファッションを楽しむ権利があると思う!もっと自由で様々な場所から生まれるファッションを見たい!」と訴えた。
と、有りますが過去のTwitterで水原さんは「1日も早く、この世の中の人種や性別などへの偏見がなくなってほしい」とつぶやいた事に対してフィフィは自身のTwitterで「偏見がなくなってほしいと願うなら、彼女の場合は分からないけど、例えば生まれ持った名前で活動する方が素敵だと思う」とコメント。
とし、至極妥当な意見だと思いました。
抑々アメリカ人と韓国人のハーフとして生まれ何の関係も無い日本名を名乗り日本で活動するべきではない。
寧ろ父の国のアメリカや母の国の韓国で差別と闘うべきであろう。
差別差別と言うならば母の国の韓国がベトナム戦争で韓国軍が行った住民虐殺、レイプ等口にするも悍ましき蛮行をは賠償は疎か謝罪もせず認めようとすらしない事実、然も最近でもフィリピンでヤリ捨てされたコピノが問題になり、ベトナム戦争のライダイハンから何ら反省もしない事実、寧ろ差別と言うならば差別する国の韓国で闘うのが至当だと思います。
更に父の国のアメリカで闘うならのロスアンジェルスの暴動にせよ韓国人の黒人差別が原因で有ったし、啓蒙活動を通じて差別と闘うべきでしょう。
被害者ぶる構造が母型の国の韓国と酷似しすぎて笑えます(^^ゞ

今日のお勧め
シュワルツコフ 3D MEN スリーディーメン ヘア&ボディーシャンプー 250ml
Sc-3M-HB-SP-250.jpg
●「シュワルツコフ 3D MEN スリーディーメン ヘア&ボディーシャンプー 250ml」は、ボディソープ兼用リフレッシュシャンプーです。
●弱酸性でノンシリコーンです。
●ムーディシトラスの香りです。
●理想のボディを目指す美活メンズにお勧めです。


その他のシュワルツコフ 3D MEN スリーディーメン シリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。