2018年06月29日

ビューティーエクスペリエンス THROW スロウがお買い得!!

サッカー-6.jpg
朝日新聞デジタルに拠りますと、日本の戦い方に賛否 BBCは「もっと良い方法あった」との見出しで、2大会ぶりの決勝トーナメント進出をかけたポーランド戦。セネガルがコロンビアにリードを許している状況を受け、日本は0―1で負けているにもかかわらず、後半40分ごろから攻めることなくボールを回し続けた。
セネガルが負ければ、フェアプレーポイントにより1次リーグ突破が決まるためだが、会場からは容赦ないブーイングが飛び、ネットでは賛否の声が分かれた。
選手たちは戦術をまっとうした。後半終了間際に投入され、ボール回しの中心を担ったMF長谷部は「他会場の情報も入れていた。見ている方にはもどかしいサッカーになったけど、これが勝負の世界」と言い切った。
DF長友は「難しい状況で、サポーターの反応も難しい試合だったが、最終的な僕たちの目標は前に進むこと」という。
一方で、自力で突破が決められる勝ち点を狙わず、警告数の差のみで決勝トーナメント進出を狙う戦術に、ネット上の賛否は分かれた。
BBC電子版は元選手が「最後の10分の両チームの行動は恥ずかしかった。決してW杯では見たくないものだった。茶番になった」とコメント。別のコメンテーターも「突破を決める方法として、もっとよいやり方があったのではないか」と疑問を投げかけた。
元日本女子代表のFW永里優季はツイッターで「この戦い方、自分たちの(2012年)ロンドン五輪グループステージ第3戦の南アフリカ戦を思い出す」とつぶやいた。
あえて2位通過するために引き分け狙いで挑んだ試合は批判も浴びた。
「0―0で引き分けて決勝トーナメント進出決めて、最終的には決勝まで行ったわけだけど……結局は、結果論なのかな」
と、有りますが要は勝つ為に闘ってる訳ですから勝利を至上命題にするのは当然の事。
勝ち方云々ならばそれは自分自身の価値観に従っての事なので自分自身に於いてのお話だと思います(^^ゞ
若し、それをサムライブルーはこう在るべき姿とお考えなら自分自身の能力に於いて監督に就任し実現すれば良いだけの事(*^▽^*)

今日のお勧め
ビューティーエクスペリエンス THROW スロウ シャンプー エアリー 300ml
BE-TR-SP-AR-300.jpg
●「ビューティーエクスペリエンス THROW スロウ シャンプー エアリー 300ml」は、軽い質感で、まとまりのある髪に洗い上げます。
●ふんわりとしたやわらかな仕上がりのエアリータイプです。
●カラー褪色の要因である洗浄効果に着目し、染料の流出を防ぐとともにダメージをケアします。
●頭皮と毛髪をすこやかに整えるボタニカルオイル&ボタニカルエッセンスを配合。
●ボタニフレッシュハーブの香りです。


ビューティーエクスペリエンス THROW スロウ シャンプー エアリー 600ml
BE-TR-SP-AR-600.jpg

ビューティーエクスペリエンス THROW スロウ シャンプー エアリー 1000ml
BE-TR-SP-AR-1LT.jpg
posted by 黒揚羽 at 12:41| Comment(0) | モルトベーネ (MoltBene) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。