2019年10月18日

アース リパブリック オキシロン ACがお買い得!!

舛添要一-24.jpg
日刊スポーツに拠りますと、舛添氏「対話不足でのけ者に」小池知事の発言を批判との見出しで、東京都の小池百合子知事が、オリンピック(五輪)マラソン・競歩の会場変更問題で「北方領土でやったらどうか」と発言したことに対し、批判の声があがっている。
小池氏は17日、五輪マラソン・競歩について東京から札幌への会場変更が決定的になったことを受けて「かなり唐突な話」と、不快感を示した。
小池氏が今回の計画を知ったのは16日。
開催都市にもかかわらず、蚊帳の外に置かれ、都内の会合では「涼しいところというなら、北方領土でやったらどうか」と、八つ当たり的な発言も飛び出した。
小池氏の発言に対し、前都知事の舛添要一氏はツイッターで「五輪は政治でもある。しかし、開催地のトップが政治を表に出すのは厳禁だ。首相や元首相といかに不仲でも、スポーツの話にプーチン大統領や北方領土を持ち出すべきではない。IOCや国や組織委とのこれまでの自らの対話不足こそを反省すべきである。だから一人のけ者にされるのだ。東京五輪は大丈夫か?」と苦言を呈した。
立憲民主党の蓮舫副代表(51)も「都知事。こんな嫌みを言うのであれば、なぜ東京でマラソン、競歩ができないのかを考えないと」とくぎを刺し、「IOCの判断は確かに唐突だし、予算負担も相当です」と一定の理解を示した上で、「でも、アスリートのことを考えると、他の競技は東京で実施していいのかと思えます。万全の対策で備えないといけません」と述べた。
また、国際政治学者の三浦瑠麗氏は「政治家としての1番悪いところが出ている発言だと思う。平和や領土返還のために黙って尽力するならともかく。ちゃぶ台返しに怒るのはわからないでもないが、それ豊洲問題でやったでしょう、というのも頭をよぎる」とツイート。
元衆院議員でタレントに転身した上西小百合(36)は「感情で政治をするダメな典型例。北方領土で開催できるわけないのに、北方領土を言葉遊びに使わないで。返還を心から望んでいる国民がいることを元自民党国会議員だったらわかるはず」と非難した。
と、有りますがあんたが言うなの一言です(^^ゞ(笑)
抑々、公金蓄財術で都知事をクビになっといて人様に意見出来た義理かってんです(*^▽^*)
蓮舫も蓮舫で二重国籍で、上西小百合も仕事もせんと遊びに行って維新クビになった分際で訳ありが乗っかるA(^◇^)(笑)

今日のお勧め
アース リパブリック オキシロン AC 2000ml
OXLON-AC-2LT.jpg
※「アース リパブリック オキシロン AC 2000ml」は、理美容室で実際にプロが使用している商品ですので、国家資格を持った、理美容師経験のある元理美容師様、若しくは必ず国家資格を持った理美容師の施術によってご使用下さい。
※使用上のトラブルについては、一切責任を負うことは出来ませんのでご了承の上、ご使用下さい。
※使用上の注意をよく読んで、正しくお使い下さい。
※ご使用前には毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を行って下さい。


その他のお勧め商品
posted by 黒揚羽 at 19:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。