2020年10月03日

ミルボン ジェミールフラン メルティバター 100gがお買い得!!

日本学術会議-1.jpg
時事通信社に拠りますと、「学問まで支配か」「独裁だ」=任命拒否の教授ら、怒りの警鐘―学術会議との見出しで、日本学術会議が推薦した会員候補6人の任命を菅義偉首相が拒否した問題で、対象となった複数の大学教授が2日、取材に応じた。
「会議の在り方がゆがむ」「違法な介入。独裁だ」と口々に批判の声を上げ、政府の姿勢に警鐘を鳴らした。
「禁断の領域に手を出した」と語るのは立命館大法科大学院の松宮孝明教授。
「憲法が定める学問の自由を守るため、学術会議は独立性を持ち、政権と一定の距離を置いてきた。説明できる正当な理由もなく介入したのは法の趣旨に反する」とし、「立憲主義、法治国家を分かっていないのでは」と切り捨てる。
その上で「今回の任命拒否は特定の個人を狙ったというより、学術会議や大学まで支配したい野心の表れだ」と強調。
「これを前例にしてしまえば、学長人事など大学の自治にも介入が始まる。その先に待つのはいわば独裁だ」と警告した。
野党のヒアリング後、国会内で取材に応じた早大大学院の岡田正則教授は「学術会議の在り方をゆがめるあってはならないことだ。耳の痛い勧告を避けるため、人事に手を入れてきたのでは」と指摘。
「イエスマンで行政の内だけでなく外まで固めようというのか。将来の日本に大きなマイナスだ」と語った。
東京大社会科学研究所の宇野重規教授は、取材に「民主的社会を支える基盤は多様な言論活動だ。批判がなければ多数派の意見は硬直化してしまう」と強調。
任命拒否には「特に言うことはない。これまで同様、自らの学問的信念に基づいて発言を続けていく」とした。
京都大の芦名定道教授はメールで「前例のないことで驚いた。見送られる理由も思い当たらない」と回答。
「研究者の過度な忖度(そんたく)を生む。日本の学問の発展を真剣に考えてほしい」と要望した。
と、有りますが独裁!?
学術会議は軍事に関する研究は駄目だと学問の自由を侵害しておいて何を言ってるんだ(* ´艸`)クスクス
自分達に気に食わない所が有ると集団ヒステリーとは学術会議と聞いてその程度かと呆れます。
抑々、我々の税金から10億5000万円のお金が投じられてる訳ですから、その人選には当然選挙を経た人間が当たるのが当然ですし、寧ろ民意を反映していると言って差し支え無いでしょうか(*^▽^*)
更に言えば謂わば今迄の政権は日本学術会議の追認機関としてしか機能して居らず、巨額の税金の使途としては甚だしく適正化を欠いて居ったと言えるでしょう。
その上に立って言えば菅内閣は早速既得権益化にメスを入れたとしてメディアの反応とは逆に大変好意を持って受け止めています
この上に携帯電話代が下がれば更に好感度が上がるのは間違いなしです

今日のお勧め
ミルボン ジェミールフラン メルティバター 100g
MB-jf-MB-100.jpg
●「ミルボン ジェミールフラン メルティバター 100g」は、まとまりを記憶させるモイストモリンガバター配合で、夜つくったまとまりを、朝まで維持できる洗い流さないトリートメントです。
●毛髪と高い親和性を持つ毛髪補修成分のカルボキシメチルアラニルジストルフィドケラチン(羊毛)配合に因りタンパク質が流出したダメージ毛を修復します。
●滑らか成分のオリーブスクワラン配合に因り毛先までの指通りをケアします。
●クリームタイプです。
●ビオニー系の時間と共に変化する癒しの香りです。


その他のミルボン ジェミールフラン シリーズ
【関連する記事】
posted by 黒揚羽 at 13:11| Comment(0) | ミルボン (MILBON ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。