2020年11月07日

オブコスメ ソープオブボディ 01-ROがお買い得!!

ムンジェイン-20.jpg
JB pressに拠りますと、手前勝手に改竄した歴史を日本に押し付ける国・韓国との見出しで、文在寅大統領は、昨年の年頭記者会見でNHKの高野洋ソウル支局長の質問に対して、「日本は歴史問題で謙虚になるべき」と語った。
「謙虚」とはどういう意味か。
私の解釈では、「歴史認識については韓国に正義がある。韓国は正しい、日本は誤っている。したがって日本は韓国の主張を受け入れるべきだ」ということであろう。
また、昨年の大統領就任2周年に際し、進歩系元老を青瓦台に招いての政策評価で、ある元老が「日韓関係を改善しなければならないのでは」と述べたのに対し、「日本は歴史問題を政治利用している」と述べた由である。
その元老はさすがにあきれ返り、後に周囲に「政治利用しているのはどちらか」と述べたようである。
真実を求めていない韓国の歴史研究
韓国で歴史とは何か。
日韓歴史共同研究に参加していた日本人の学者によれば、日本側から歴史の事実を指摘し、韓国側の考えを問うたところ、「あなたは韓国を愛していないのか」という反応があったという。
その学者によれば、韓国における歴史研究は、歴史の事実を積み上げて、真実を追求するのではなく、そもそも期待する歴史認識が前提にあり、それを何とか説明するために、断片的な歴史の事実を探し求めることであるという。
日韓でいくら歴史共同研究を行っても成果が乏しいのはこうした背景がある。
ヨーロッパで歴史共同研究が成果を上げた背景には、国民感情をいったん排除し、客観的に歴史を見ようとの了解があったからであると聞く。
歴史共同研究に出てくる韓国の学者は、韓国の国民感情を背負って出てくる。
これでは歴史認識で歩み寄れるはずはない。

文在寅氏の歴史問題への対応はご都合主義
最近の中国との朝鮮戦争に関する発言への低姿勢、5・18光州事件に対する真相究明問題、韓国の発展の基礎を築いた「漢江の奇跡」という事実の抹殺を見ると、文在寅氏は自分たちの都合のいいように歴史を改竄し、それを北朝鮮・中国への接近、保守派弾圧に政治利用しようとしている姿勢が見て取れる。
文在寅政権の歴史への取り組みがいかに不健全なものか具体的事例を通じて実証してみたい。

中国は朝鮮戦争への介入を「帝国主義侵略に抵抗した正義の戦争」と主張
米中対立が激化する中、中国は朝鮮戦争で米国に対抗して北朝鮮を支援したという「抗米援朝」を唱えている。
朝鮮戦争は言うまでもなく、北朝鮮の南進によって始まったものであるが、戦争の原因には言及することなく、「米国に抵抗する正義の戦い」と位置付けているのである。
10月23日、中国政府は北京人民大会堂で「中国人民支援軍の抗米援朝出国作戦70周年記念大会」を開催、習近平国家主席が出席して中国人民支援軍が参戦した朝鮮戦争を「帝国主義侵略に抵抗した正義の戦争」と強調した。
この戦争で、韓国は国連軍と合わせ約18万人の戦死者と、約99万人の民間人犠牲者を出し、国土は焼け野原となった。
これに対し中国は「侵略者を打ちのめした」などと言っている。
しかし、韓国政府は習近平政権の歴史歪曲に対する抗議はおろか、まともな反論もせず、国民から屈従外交だとして非難を浴びている。
戦争の初期、韓国軍は北朝鮮に比べ圧倒的に劣勢であり、3日でソウルは陥落し、釜山近辺まで追い込まれたが、マッカーサー元帥率いる国連軍の参戦によって形勢は逆転、国連軍と韓国軍は北朝鮮と中国の国境の鴨緑江まで進撃した。
しかし、そこで中国軍が参戦し、ソウルが再び陥落するなど一進一退を続け、38度線付近で休戦協定が成立した。
現在の文在寅政権の朝鮮戦争に対する認識は、北朝鮮にすり寄る姿勢を続けているため、真実を曲げるものとなっている。
韓国の歴史教科書では「韓国戦争(朝鮮戦争)は南進」という表現がなくなっている。
多数の中・高校の歴史教科書では「戦争直前まで38度線を境に頻繁な衝突があった」などと記述し、朝鮮戦争の責任が南北双方にあり、内戦だという「両非論」が目立っている。
これは文政権幹部の見解でもある。
ちなみに、中国共産党青年団は「当時、北朝鮮と韓国は互いに朝鮮半島に対する主権があると主張した。これは内戦だ」と言っている。韓国政府は中国側の主張を取り入れるのか。

中国や北朝鮮の誤った歴史認識には反論もしないのに
このように卑屈な韓国政府であるから、韓国を代表するK-POPグループ「BTS」に対する中国のネットユーザーの批判にも沈黙している。
BTSは韓米親善団体が主催した会合での授賞式で「今年は韓国戦争70周年として両国が共に経験した苦難の歴史とたくさんの犠牲を記憶しなければならない」と述べた。
これに対し、中国のネットユーザーは、「抗米戦争に参戦して米国の侵略を阻んでくれた中国人を侮辱した」とし、「BTSは誤った歴史認識を習った」と非難した。
こうした中国からの批判に対して米国務省は直ちにBTS援護に乗り出し、西欧のマスコミも中国に対して批判的な記事を掲載した。
しかし、韓国の外交部はBTS擁護どころか、中国の「抗米援朝」主張に対し沈黙したままである。
そればかりか韓国で活躍する中国出身のアイドル歌手EXOのレイなどがSNSに「抗米援朝70周年記念」「英雄に敬意を表する」などの文章をアップし物議をかもし、韓国マスコミから批判されている。
ただ、韓国政府は知らぬふりだ。
韓国は、日本に対しては常に自分たちが正しい、日本はそれを受け入れろという。
しかし、中国や北朝鮮に対しては明らかに中朝の歴史認識が誤っていても反論しない。
これでは歴史認識の正当性を主張する資格はない。
歴史の真実を改竄するのは韓国政府ばかりでなく、元慰安婦を支援する団体、韓国挺身隊問題対策協議会(=挺対協、現在の正義連)が典型的である。
挺対協は元慰安婦から聞き取った、自分たちに都合のいい内容を慰安婦問題のすべてであるかのように作り上げ、それが慰安婦の歴史だとして、それ以外の事実を認めない。
韓国の大学教授が深く掘り下げ研究した成果をまとめた本に対し、挺対協の見解と異なるとして出版差し止めを求めて裁判に提訴した。
慰安婦の問題について、日本は強制的に連れて行ったものではないと否定している。
すべてがそうでなかったといえるかどうかは研究者に一任するとして、挺対協が作り上げた、強制的に連れていかれた慰安婦という歴史解釈をそのまま受け入れろと言われてもそれはできない。
こうしてみると韓国の歴史認識は、そもそも自分たちに“都合のいい歴史”ありきで、それを立証するためのものであることが理解できよう。
この傾向は文在寅政権で顕著であるが、韓国に一般的に言えることだとすれば、日本は客観的歴史を毅然と主張し、妥協はしないとの姿勢を取り続ける以外ないのではないか。

歴史改竄を強権力で進める文政権
最近、「共に民主党」は「5・18歴史歪曲処罰法」「5・18真相究明特別法」を党議で決定し、国会提出を進めている。
総選挙で圧勝したことにより、野党との対決法案でも国会上程が可能となった。好き勝手に国会運営をしているのが文政権の与党である。
この法律は、朴正煕(パク・チョンヒ)大統領暗殺後、学生や労働者による民主化要求を当時の全斗煥(チョン・ドゥファン)氏率いる軍部が戒厳令を出したのを受け、光州で学生と軍部が衝突したが、軍部により鎮圧された事件である。
この事件に関し、北朝鮮親派が意図的に起こした事件であるとの主張があり、文政権はこれを厳しく取り締まろうとしているのである。
この法律に違反した者には7年以下の懲役または7000万ウォン(約640万円)以下の罰金が科せられるようになる。
この法律によって文政権の5・18事件の歴史認識に反する発言や行動をする自由は奪われることになる。
国民は文政権の歴史認識に従わざるを得ない。
それで正しい歴史の解釈が生まれるであろうか。
歴史の解釈は、そもそも研究者が自由な立場から歴史事実を研究し、積み上げ、分析し、研究者間の活発な議論を経て生まれるのが民主主義国の歴史観ではないのだろうか。
文政権は、こうした研究なしに歴史観を作り上げ、研究者にはその解釈を正当化する理論を奨励し、それを国民に強権力で押し付ける。
これは歴史的見れば全体主義者がやってきたことではないだろうか。

政権発足後すぐ始まった文在寅大統領の「歴史改竄」と「歴史の政治利用」
文在寅政府によって最初に歴史の改竄が行われたのは、朴正煕政権が韓国発展の礎を築いた「漢江の奇跡」という経済成長戦略、実績を教科書から抹殺したことだろう。
長期左派政権の継続を目指す文在寅氏としては保守派であり、軍出身の大統領が成し遂げた輝かしい成果は歴史から消し去ることが保守派の力を蘇らせないため必要と考えたのであろう。
「漢江の奇跡」は明治維新後の日本の発展をモデルとしたものであり、当時日本は真摯に韓国経済のテークオフのため協力した。
浦項製鉄の設立にあたって、当時の浦項の会長だった朴泰俊(パク・テジュン)氏は当初世銀などの国際機関に協力を求めたが断られた。
そこで最後に新日鉄の稲山嘉寛会長に依頼したところ、稲山会長は「日本は韓国を併合した歴史があるのでできるだけの協力はすべき」として全力を傾けて協力したそうである。
文政権の「漢江の奇跡」抹殺によって、日本の韓国に対する協力も一緒に忘れ去られてしまった。
私は何も韓国に対し、「日本の協力に感謝しろ」などと改めて言おうとしているのではない。
しかし、韓国の一般の国民が、戦後の日本の韓国に対する協力を理解したならば、日本に対しいつまでも「歴史を反省しろ、謝罪しろ」とは言わなくなるだろうと常々考えていた。
韓国政府が日本との協力を望むなら、日本の協力をもっと周知すべきと考えた。
そして、そのことを大使としての勤務を終えて離任するときに韓国の要人にも言って歩いた。
私は常に韓国の歴史観がこのように形成されていることを残念に思っていた。
韓国の人々が日韓の歴史をより客観的に考えてくれるなら、日韓関係はよりスムーズなものとなるだろう。
そしてそれは韓国における国論の分裂を抑えることにもなるだろう。
その意味で文在寅氏の歴史観に懸念を覚えていることを指摘したい。
と、有りますが要は北朝鮮、中国に対してヘコヘコの屁垂れが韓国の大統領になってるだけの話。
朝鮮戦争でも国民を置き去りに真っ先に釜山まで逃げた李承晩。
韓国の大統領はロクな奴が居らんな〜(^-^;
まっ!
最後は死ぬかブタ箱やからちょっと頭の回る奴はやらんわな〜〜〜〜(^^ゞ(笑)

今日のお勧め
オブコスメ ソープオブボディ 01-RO 450ml
oc-SB-01-RO-450.jpg
●「オブコスメ ソープオブボディ 01-RO 450ml」は、天然由来の洗浄成分でつくられた、うるおいタイプのボディウォッシュです。
●ハチミツ・ローヤルゼリー・プロポリスに、オーガニック成分&天然成分などの美容保湿成分を配合。
●コスアルテ-2G、アミトースR が、乾燥したお肌にしっとりうるおいを与えて、柔らかな美肌に洗いあげます。
●ヤシ油や糖、アミノ酸など低刺激で、素肌にやさしい弱酸性のボディウォッシュです。
●過度に脱脂をせず、優しく洗い上げ、つっぱり感もなく肌の乾燥を抑えます。
●ダマスクローズの精油をアクセントに、ゼラニウム、ラベンダー、クローブ、セージをブレンドした優雅で上品な香りです。


オブコスメ ソープオブボディ 01-RO 700ml
oc-SB-01-RO-700T.jpg

その他のオブコスメ シリーズ
posted by 黒揚羽 at 19:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。