2020年11月15日

モロッカンオイル トリートメントがお買い得!!

釜石鉱山選鉱場跡-1.jpg
産経新聞に拠りますと、「鉄の遺跡」彩る紅葉 釜石鉱山選鉱場跡との見出しで、流れる雲間からスポットライトのように日光が差し込む。
紅葉に彩られたコンクリートの塊が浮き上がった。
かつて国内最大の鉄鉱山だった岩手県釜石市の釜石鉱山。
戦後は鉄、銅の供給地としてフル稼働していたが徐々に輸入資源に押され、平成5年に鉄鉱石の採掘が終了した。
中心地にあった選鉱場の建屋もその後解体され、現在は基礎部分のみが山の斜面に残っている。
「この大橋地区には社宅や病院、学校があり、最盛期は約6千人が住んでいました」と話すのは、選鉱場跡にある「旧釜石鉱山事務所」を管理する同市世界遺産課の森一欽(かずよし)課長補佐(47)。
旧事務所は21年から、釜石鉱山に関する資料を一般に公開、「鉄のまち釜石」の歴史と魅力を発信してきた。
だが、東日本大震災は山深いこの地区にも打撃を与えた。
展示物や建物が一部損壊するなどの被害があり一般公開を中止。
28年に耐震工事を兼ねた改装を終え再開したが、昨年の来場者は900人弱と震災前の6割ほどに減少している。
「観光客に来てもらうために整備しなければならない課題は多い。世界遺産の橋野鉄鉱山や昨年のラグビーワールドカップ(W杯)で釜石ブランドは上がったようにみえるが、果たして見合うものになったのか」と森さんは首をかしげる。
今後は企画展も行う予定で「鉄と釜石は切り離せない。この選鉱場跡も含め釜石の素晴らしさを伝えていきたい」と話す。
紅葉に包まれ、かつての熱気を閉じ込めたようにひっそりたたずむ晩秋の選鉱場跡。
人々を待ち焦がれているように見えた。
と、有りますが廃墟美にはかつて多くの人々が働いた痕跡や息遣いを感じながらも時の流が歴史的な遺構としてその独特の魅力を魅せる・・・。
謂わば刻がウィスキーを熟成させるかの様に
行きたい所がまた増えました(^^ゞ
紅葉と絡めては八幡平市の旧松尾鉱山緑が丘団地と一緒に行きたいですね〜(*^▽^*)

今日のお勧め
モロッカンオイル トリートメント 25ml
MR-OIL-TM-25.jpg
●「モロッカンオイル トリートメント 25ml」は、シルクのように滑らかでいきいきと輝く健康で美しい髪を生み出します。
●オイルでありながらベタつきが残らないので、コンディショナーとして、スタイリングやフィニッシングとしても御利用頂けます。
●ブロードライやスタイリングの際の熱や、紫外線、海水などでダメージを受けた髪にも効果をもたらし、強くしなやかな髪に変貌させてくれます。
●保湿効果のアルガンオイル、脂肪酸、オメガ3オイルに補修成分のプロテイン、美容成分のビタミンを配合。
●成分が素早く浸透する為、乾かす時間を短縮することが出来、スタイリングのし易さでも違いを実感して頂けます。


モロッカンオイル トリートメント 100ml
MR-OIL-TM-100.jpg

その他のモロッカンオイル シリーズ
posted by 黒揚羽 at 17:00| Comment(0) | モロッカンオイル (MOROCCANOIL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。